ソリスト山田 夏生 Natsuki Yamada

210813_7190bw.trim

長野県生まれ。7歳よりバレエを始める。

2012年より1年間、中国国立遼寧バレエ学校へ留学。14年ユースアメリカグランプリNYファイナルトップ12。同年ドレスデン・パルッカシューレへ留学後、ドレスデン国立歌劇場バレエ(SempeOper Ballett)研修生となる。ゲスト契約を経て16年入団、18年コリフェに昇格。

主なレパートリーは、『白鳥の湖』のオディール/パ・ド・セプト/4羽の白鳥、『くるみ割り人形』のマリー、『眠れる森の美女』の鷹揚の精/エメラルドの精、『ラ・バヤデール』の2幕デミソリスト、ドーソン版『ジゼル』のパ・ド・サンク、バランシン振付『Allegro Brillante』のプリンシパル、『シンフォニーインC』『The Four Temperaments』『テーマとヴァリエーション』、フォーサイス振付『In The Middle Somewhat Elevated』など。

22年1月、Kバレエ カンパニーにソリストとして入団予定。