プリンシパルソリスト成田 紗弥 Saya Narita

Narita_saya_01

大阪府生まれ。2歳よりバレエを始める。

 

2009年ドイツのマンハイム国立バレエ・アカデミーに留学。在学中、カールスルーエ州立バレエ団『白鳥の湖』『リーズの結婚』などの公演に多数出演。13年韓国のユニバーサル・バレエ団に入団。17年『くるみ割り人形』で全幕主演デビュー。主なレパートリーは、『くるみ割り人形』のクララ、『ドン・キホーテ』のキトリ/キューピッド/花売り娘、『白鳥の湖』のパ・ド・トロワ/4羽の白鳥、『ジゼル』のペザント、『眠れる森の美女』の勇気の精/カナリアの精、マクミラン版『ロミオとジュリエット』のジュリエットの友人、クランコ版『オネーギン』、ナハリン振付『Minus7』など。

18年9月Kバレエ カンパニーにプリンシパル・ソリストとして入団。

主な出演作は、熊川版『海賊』のメドーラ/オダリスク、『白鳥の湖』のオデット/オディール、『シンデレラ』のタイトルロール/トンボ、『くるみ割り人形』のマリー姫/アラビア人形/花のワルツのソリスト、『ドン・キホーテ』の森の女王/花売り娘、熊川振付『マダム・バタフライ』のタイトルロール、『カルメン』のミカエラ、『ベートーヴェン 第九』第2楽章・第3楽章主演、など。初演キャストとしては、熊川振付『カルミナ・ブラーナ』の白鳥がある。