キャスト表

ブリテンの音楽に超絶技巧が輝く熊川哲也振付の『シンプル・シンフォニー』、英国を代表する振付家アシュトンによる、抒情的かつ
ウィットに富んだ名作『ラプソディ』、そして熊川哲也が再び挑む『アルルの女』は、フランスの巨匠ローラン・プティが幻の女への恋心
から狂死する青年を描いた大作。「オーチャードホール25周年ガラ」で、観客を熱狂に誘った奇跡の名演が再び実現いたします。


音楽を最高の形で視覚化することに成功したともいえるこの3作品を、中村祥子、荒井祐子、浅川紫織、遅沢佑介、宮尾俊太郎ら
Kバレエ カンパニーが誇る煌めくダンサーで上演するこの機会をぜひお見逃しなく!



会 場 日 程 開 場
開 演
料 金 一般問い合わせ先
一般販売開始
キャスト
Bunkamura
オーチャードホール
7月16日(土) 16:30
17:00
S席¥16,000
A席¥13,000
B席¥10,000
チケットスペース
03-3234-9999
www.ints.co.jp


7/1(金)
TBS
「ラプソディ」
矢内千夏/山本雅也
大井田百
戸田梨紗子
辻久美子
井平麻美
新居田ゆり
盧文伊
石橋奨也
酒匂麗
杉野慧
益子倭
篠宮佑一
堀内將平

「シンプル・シンフォニー」
中村祥子
小林美奈
井上とも美
遅沢佑介
宮尾俊太郎
栗山廉

「アルルの女」より
熊川哲也/浅川紫織
Bunkamura
オーチャードホール
7月17日(日) 13:30
14:00
S席¥16,000
A席¥13,000
B席¥10,000
チケットスペース
03-3234-9999
www.ints.co.jp

7/1(金)
TBS
「ラプソディ」
荒井祐子/伊坂文月
大井田百
戸田梨紗子
辻久美子
井平麻美
新居田ゆり
盧文伊
井澤諒
酒匂麗
杉野慧
益子倭
篠宮佑一
堀内將平

「シンプル・シンフォニー」
中村祥子
小林美奈
井上とも美
遅沢佑介
宮尾俊太郎
栗山廉

「アルルの女」より
熊川哲也/浅川紫織

指揮:井田勝大 ピアノ独奏:御法川恵里奈(「ラプソディ」) 管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー

 

◎掲載キャスト予定は2016年7月8日現在のものです。出演者の病気や怪我など、やむを得ない事情により変更となる場合があります。最新のキャスト情報は当ウェブサイトにてご確認下さい。なお、公演中止の場合を除き、実施する全ての公演に関して主演者をはじめとするキャスト変更に伴うチケット代金の払い戻し、公演日や券種の変更はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。公演中止の場合の旅費、チケット送料等の補償はいたしかねます。演出上、開演後の入場は制限させていただく場合があります。上演順は都合により変更となる場合がございます。本公演は未就学児の入場は不可となります。
※Kバレエフレンズの先行販売は終了致しました。

ダンサーの豪華競演!

「ラプソディ」


「シンプル・シンフォニー」


「アルルの女」

公演概要

更新日:7月 19日現在

Tetsuya Kumakawa
K-BALLET COMPANY
Summer 2016
「Triple Bill」

主催
TBS/Bunkamura
会場
Bunkamuraオーチャードホール
日程
2016年7月16(土)、17日(日)
チケット料金
S席¥16,000 A席¥13,000 B席:10,000
一般問合せ先
チケットスペース 03-3234-9999
http://www.ints.co.jp
一般発売日
2016年7月1日(金)


見どころ

■フレデリック・アシュトン振付
「ラプソディ」

大胆かつ華麗に展開する超絶技巧の数々、そして心憎いまでの機知と洗練が観客を予期せぬ世界へと誘う―英国バレエの第一人者アシュトンが生んだこの異色の難作(1890年初演)は、Kバレエ カンパニーでの上演により日本でも広く知られるところとなった。2004年にはNYのリンカーンセンター・フェスティバルでも披露し、カンパニーの評価を国際的なものとしたこの代表的レパートリーを4年ぶりに上演。 5月『白鳥の湖』で19歳にして鮮烈な主演デビューを飾り、Kバレエ史上最年少ソリストの誕生へと繋がった矢内千夏と、2013年ローザンヌ国際バレエ・コンクール第3位に輝き話題となった山本雅也という注目の若手実力派ペアの本作初主演は必見!

■熊川哲也振付
「シンプル・シンフォニー」

熊川哲也振付により2013年に世界初演を果たした本作は、20世紀の英国を代表する天才音楽家ブリテンの初期の同名交響曲を用いた抽象バレエ。華麗で小粋なメロディーに乗せ、熊川ならではの高度にして高密度なステップをふんだんに織り込みながら6人の男女が多彩なフォーメーションを繰り広げていく様は、まるで精緻な絵画がキャンパス上で命を宿したかのよう。完璧な調和と変容の中でクラシック・バレエの美を堪能させる逸作だ。 今回は本作初披露となる中村祥子をはじめ、遅沢佑介、宮尾俊太郎の出演により3人のプリンシパルが共演するというまたとない豪華なキャストを実現!



■ローラン・プティ振付
「アルルの女」より

フランスの巨匠プティの代表作の一つ(1974年初演)。ドーデによる同名の短編小説と、同作に基づくビゼーの2つの組曲が用いられている。ヴィヴェットという可憐な婚約者がありながら、闘牛場で見かけた“アルルの女”に心を奪われ、幻影を追い求める青年フレデリ。制御できない思いに苛まれる彼は、最後に窓から身を投げる―。 熊川哲也は2014年、「オーチャードホール25周年ガラ」で本作を初披露。内なる葛藤が止めようもなく迸り、狂気へと至るその様を爆発的なパフォーマンスで描き出して観客を熱狂の渦に巻き込んだ。本公演では熊川が最大級の賛辞を贈る名花・浅川紫織をパートナーに、あの伝説の名演が再び!



チケット情報

[チケット取り扱い]
チケットスペース 03-3234-9999(オペレーター)
TBSオンラインチケット
Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999(オペレーター対応10:00~17:30)
オンラインチケット MY Bunkamura
Bunkamuraチケットカウンター(10:00~19:00)※発売初日、取り扱いなし
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:452-592) http://w.pia.jp/t/k-ballet/
イープラス http://eplus.jp/kumakawa/
ローソンチケット 0570-000-407(オペレーター)
0570-084-003(Lコード:33090) http://l-tike.com/k-ballet/