2016 /09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 宝物 | TOP | 初! »

伝説

みなさんこんにちは、伊坂文月です。
先日「オーチャードホール25周年記念ガラ」に出演させて頂きました。
8月頃から、スタジオには堀内元さん、吉田都さんら伝説のダンサー達が来団し、
夏の暑い中それぞれの作品のリハーサルを行っておりました。

僕達の世代が、TVやビデオで見てきた憧れのダンサーの方々が、同じスタジオで汗を流し、
バレエに向き合い、踊っている姿を見ているととても感動しましたし、
同じ舞台に立てたということを光栄に思っております。


僕が出演した作品は熊川哲也振付の『シンプル・シンフォニー』。

初演のクリエーションから携わって来ましたが、この作品の難しさ、ダンサーに要求される体力。
『シンプル・シンフォニー』には「覚悟」が必要でした.

Kバレエ カンパニーの中でも、数少ないダンサー達しか踊っていないこの作品。

海外で異なるバレエ団に所属し、異なる地域でトレーニングをしてきたダンサー達が
この「独創的世界観」の作品を踊り、僕も含めどのような形になるのかとても楽しみでしたし、
結果、初演とは異なるカラーになったと思います。

ディレクターもおっしゃっていたとおり、いわゆるガラ公演らしい『ドン・キホーテ』のグランパや、
『海賊』のグランパとかではない、今回の初対面の6人で踊ったこの作品は、
リハーサル時間こそ短かったですが、内容が濃く、とても刺激的な時間でしたし、
本番前には「絆」ができていた舞台でした。
平田桃子さんをはじめ、素晴らしいダンサー達とこの作品を踊れたことを誇りに思います。

IMG_9743.jpg

また、今回のガラ公演では、オペラ界のスター達、素晴らしい指揮者、
オーケストラの方々が揃い、そして伝説の先輩ダンサー達と同じ舞台で踊ったとき、
胸が熱くなり、久々にこみ上げてくるものがありました。

一流の方々の背中は広く、優しく、強く、そして芸術が大好き。

僕もまだまだ発展途中、身近でレジェンド達を感じ、「突き進もう」と
改めて実感した舞台でした。

Kバレエの新シーズン、最初の作品は『カルメン』
若い新しいメンバーも加わり、ビゼーの煮えたぎる音符に乗せて、Kバレエ始動します。

ぜひご来場下さい。劇場でお待ちしています‼︎