2016 /09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 春ですね( ´ ▽ ` )ノ‏ | TOP | 春 »

新たなる挑戦へ!!

先日は『ラ・バヤデール』公演へご来場下さり、誠にありがとうございました。
Kバレエ カンパニー15周年記念『ラ・バヤデール』、いかがでしたでしょうか?
リハーサルは1月に始まり、そこから約3ヶ月間。文字通り、
寝ても覚めてもこの作品のことしか考えていない日々でした。

主役男性のソロルを踊らせて頂きましたが、
エンディングはどう感じて頂けましたでしょうか?
戦士ソロルの、2人の女性の間で揺れ動く男心。

そして、心の底から愛した女性を死に追いやってしまった罪悪感と、
後悔に次ぐ自己嫌悪。
最後の真白なシーンでニキヤを追いかける時、非常に心が痛く、
切なく・・・思わず「ニキヤ、もう絶対に離さない!」と、心の中で叫びながら坂を登りました。
ニキヤの微笑みは神秘的で美しく、
全てを包みこんでくれているようでした。

ディレクターにとっても、もともと思い出深い作品である『ラ・バヤデール』。
今回の再振付・演出によって、既存のバージョンとは一風変わった、
よりリアルな男性像が、僕の胸に迫ってきました。
この作品を通して、また一つ階段を登れた気がします。

次の舞台は『ロミオとジュリエット』です。
この作品はKバレエの10周年記念公演で初演されました。
入団したばかりの僕をベンヴォーリオ役に抜擢していただき、
ディレクターのロミオと一緒に踊らせていただきました。
その後2回目の上演の時には、脛の疲労骨折により約10ヶ月間舞台に
出られなかった僕に再びベンヴォーリオ役をたくしていただき、
無事に舞台復帰ができました。

とても、とても、思い出深い作品です。

この度、わたくし伊坂文月はマキューシオを、ディレクターの
ロミオと同じ舞台で踊らせていただく予定です。

また一つ、新たな挑戦が待っています。

お客様にとっても必ず心に残る名作ですので、ぜひぜひご来場下さい。


伊坂文月