2015 /05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

TOP > 中村祥子

ブタペストより

April 22, 2015

皆さん、お久しぶりです。


私は、ブタペストに移籍して1年半が過ぎました。
この1年半もベルリンとはまた違った刺激ある日々で、新しい作品に挑戦する機会がたくさんありました。
そんななか息子も4歳となり、気付けば最後に日本での舞台を踏んだのは2年前。
そしてKバレエカンパニーで最後に踊ったのも3年前?!!! というのをあらためて知ったときは正直驚きました。
そんなに経っていたんだ...と(笑)

そして、今回久しぶりにまたKバレエカンパニーのダンサー達とリハーサルを含め、舞台を共にできるのが楽しみです!!!
みんなで良いエネルギーを出し合い、海賊の舞台を盛り上げて楽しめたらと思っています。
皆さまにお会いできる日を楽しみにしています!!


実は先日、ベルリンでゲストとしてビスラフと『オネーギン』を踊りました。
昨年1月にブタペストで私はタチアナとして初日を迎え、今回、初めてビスラフと一緒に『オネーギン』を踊ることができました!!
とても素晴らしい作品であり、私にとってクランコ作品は想い入れのあるものなのでこのような機会に巡り会えたことが、とても有難く嬉しい気持ちでした。

20150402shoko.jpg

移籍のお知らせ

September 27, 2013

皆さん、こんにちは。
突然のニュースなのですが、私は今シーズン11月から
ハンガリーのブタペストにあるカンパニーに移籍することになりました。

昨シーズン、ベルリン国立バレエ団のシーズンが終わる6月に
ハンガリー国立バレエ団の監督タマシュ・ソリモジ(Tamás Solymosi)から連絡があり、
興味があればぜひ、来シーズンの9月から私に
ハンガリー国立バレエ団(Hungarian National Ballet)のプリンシパルとして来て
踊ってほしいというオファーを頂きました。 
タマシュは元ダンサーであり、ウィーンで踊っていた頃にゲスト・ダンサーとして来てくれて
一緒に踊ったり、プライベートでのガラ公演で一緒になったりしていたので、
お互いの事はダンサーとしても知っていました。

でも、急な話でブタペストという街にも行ったことがなかったし、
バレエ団に関してもあまり知るところがなく、
それに今シーズンは、なんといってもマラホフ最後のシーズンでもあるので、
彼と最後まで一緒に舞台を踏みたいという気持ちも大きかったです。
なので、ベルリンに残ろうという思いもあったのですが
ダンサーとしていろいろなキャリアを積みたいし、
もっといろんな舞台、作品、振付家やダンサーとも出会いたいという気持ちもあり、
実際に一度、ブタペストに行ってみました。
そして、監督であるタマシュと直接話をする中で、
彼が新しくハンガリー国立バレエ団の監督となってまだ2年で、
これからこのバレエ団をもっともっと大きく成長させていきたいという気持ちで
私に声をかけてくれたことが伝わってきました。

バレエ団のレパートリーはタマシュの意向でクラシックがとても多く、
ネオ・クラシックやモダン、それから有名な作品もあり、盛りだくさんでした。
舞台回数も多くて、ここまでいろんなジャンルの作品を
上演しているバレエ団も珍しいと思いました。
劇場もとても素敵で、ウィーンの劇場に少し似た感じがあり懐かしく思いました。

突然のオファーで、すぐに返事をしなければいけない状況に、とても悩んだのですが
マラホフにも相談をし、彼は「ダンサーとしてキャリアを積むのに迷う事はない。
踊りたい作品がある場所で、踊る事がダンサーにとって幸せなことだから、
チャンスが訪れたのなら挑戦するべきだ」と、言ってくれ、
「ダンサーとして一番良い時期に自ら進んで挑戦して行く事が、
もっとも大きな成長となる。僕もそうだった」とも話してくれました。

タマシュには1年待ってもらって、再度よく考えたうえでオファーを受けるのでも
よいかとも思ったのですが、ダンサーにとっては1年1年が大事で、
今オファーを受けなければ、他のダンサーがその場所に入ってしまうかもしれない。
そして、たくさんのダンサーがいる中でタマシュは私に声をかけてくれた
というチャンスを受けたいと思いました。

私生活でもパートナーであるビスラフとも話し合って、
彼も「SHOKOにとってまた新たな挑戦だから進むべきだ。
ダンサーは、いつも新たなことを吸収し成長していくべきだ」と、言ってくれました。
家族3人でハンガリー国立バレエ団の本拠地であるブタペストへと移りますが、
ビスラフはこの1年はベルリンでの舞台があるので行ったり来たりになってしまいます。
でも飛行機で1時間だし、ベルリン国立バレエ団はゲストとしても
私とコンタクトを取り続けたいと言ってくれているので、
私も行ったり、来たりすることになるかもしれません。

11月からブタペストで踊る事になりますが、『くるみ割り人形』や『エチュード』、
そして踊りたいと願っていた『オネーギン』のタチアナも踊ることが決まっています。
ベルリンのバレエ団を離れるのはすごく寂しいし、
バレエ団の仲間たちにも「SHOKO行かないで。。。」と言われ、
家族から離れるようで辛いですが、みんなの耳にも届くぐらいに
ハンガリー国立バレエ団を盛り上げていけたらいいなと思っています!!!!!

9月はオープニング・ガラ、10月は『白鳥の湖』、ナチョ・ドゥアトの作品、『カラバッチョ』と
まだまだベルリンで舞台続きですが、最後までバレエ団のみんなと楽しんで
舞台に立ちたいと思います!!!!!

もし機会がありましたら、ベルリンそして新たな地
ブタペストの舞台を観にいらして下さい!!!

心より願っています。

March 21, 2011

ニュースを見るたびに、驚きと悲しみと言葉にならないショックでとても辛い思いです。
一瞬にして、奪われてしまったたくさんの命
一瞬にして奪われてしまった安心ある生活
被災者の方達には、早く落ち着いた生活に戻れるよう
そして、元気を取り戻し心安らぐ日が早く訪れるよう
心より願っております。


Kバレエカンパニーダンサーの皆も、
きっと皆同じ思いを抱えて、踊りに自分自身を向けていることと思います。
舞台から放つ特別なエネルギーをたくさん届けられるよう
それが、私達ダンサーの出来る最大のパワーでもあると思います!!!

SHOKO

ご報告☆

January 20, 2011

皆様、お元気でお過ごしですか?

予定日より2週間早かったのですが、1月12日に無事3188gの男の子を出産いたしました!!
母子ともに健康です☆☆

みんな1月の終わりの予定日を考えていたので、突然のことでビックリでしたが、赤ちゃんはいろいろと考えてくれていたようで12日は、Wieslaw(パパ)が九州からベルリンバレエ団の公演のため東京に発つ日で、空港へと見送ろうと思っていたのですが朝9時半ごろからお腹の痛みが少しあり、彼を空港へ置いたまま(笑)病院へと行き12時ごろ到着したときには、このまま入院と言われ16:47分に無事に出産しました!!!!
赤ちゃんも十分の大きさがあり、早くに出産して母子にとっても良かったと言われ、きっとWieslawパパが行ってしまう前に!!と赤ちゃんも思ってこの日に産まれてきてくれたのかもしれません☆彼も自分で飛行機のチケットをキャンセルし、病院まで駆けつけてくれて立ち合いにも間に合いました!!それに、ベルリンバレエ団が日本に到着した日でもあり、みんなにとっても驚きニュースだったようです!!

赤ちゃんは日々成長し、表情も変化し見ていて飽きません。私自身は、まだ慣れないことばかりであたふたしていますが、変化があり、とても楽しいです☆ それに、お腹もへこんで柔軟がしやすくなりました(笑)
これからも日々を大切にエネルギッシュに過ごしていきたいと思っております。
舞台で皆様にお会いできる日を楽しみにしております。

SHOKO

皆さま、ご無沙汰しております。

November 30, 2010

9月の終わりに産休のため日本に戻ってきて、2か月が経とうとしています。
私もお腹のBABYも順調で、今はもう9カ月☆
大きなお腹が目立ってきました!

この約2ヶ月、踊りから離れた毎日は少し物足りなさを感じ。。週2回のクラスを受けに行っています(バーレッスンだけですが)
あとは、散歩したりベビー用品を揃えたりストレッチをしたり・・・(笑)
やはり、身体はゆったりとはしていられないようで何かとアクティブに動いています。

このように、今までになかった生活や状況は私にとって特別であり
この時間を使って、今の時期できることは何かと考えていて、
今までの自分、これからの自分を舞台や踊りだけではなく、
違った表現でお伝えできればと思い連載をやってみようと思います。
12月発売のクロワゼ、そして来年からはスワンマガジン、
ぜひ、読んでみて下さい。

寒かったり、暖かかったりですが、皆さまお身体にお気をつけ下さい。

SHOKO

報告☆

August 23, 2010


皆様、暑い日々が続いていますがお元気でお過ごしでしょうか。

夏の舞台を終えてから、きちんとしたかたちで皆様にお伝えしたいと思っていましたので、今となりましたが、これから産休に入ります。 
日本での夏の舞台が産休前の最後の舞台となりました。
毎日をバレエで過ごしてきた私にとって、新たな世界への大一歩を踏み出します。

子供を授かることができ、本当に心から嬉しく思っています☆☆
日々をほとんどスタジオと舞台で過ごしてきた私にとって、少しの間舞台から離れることは、とても寂しいですが、この貴重な時期を大切にし復帰した際にはパワーアップ!!した自分をお見せできるよう
新たな日々を大切に過ごしていきたいと思っています。

復帰はいつ頃になるかということは、まだお伝えできませんが、私のことなのできっと出産ギリギリまで(無理のない範囲で)トウシューズを履き軽いストレッチをしているかな〜??(笑)と思っています。なので、赤ちゃんの様子を見ながら良い時期に復帰できればと思っております。

どうぞ、皆さま暖かく見守って頂ければ幸いです。

暑い日々が続いていますので、皆さまもお身体にはお気をつけて下さい!!!
また、舞台から皆様にお会いできる日を楽しみにしております☆



SHOKO